海の上、空の下で想うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ケンポウ9条とクラブイベント

<<   作成日時 : 2007/06/21 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

4ヶ月にわたって企画を練りに練ってきたイベントが
今週末、6月24日(日)に本番を迎える。

題して、
PARTY FOR PEACE9

画像


PEACE9の9は、日本が誇る平和憲法、『9条』の9の意味。

9条が、いまアツイ。

なぜって、国民投票法案が通過したいま、7月の参院選で、
日本の人口の半数以上!! の年金が宙に浮いている『年金問題』より、
何が何でも憲法改正を争点としようとしている安倍政権によって
最速3年後には9条が改憲されるかもしれない、から。

そうなると、日本は、『戦争をしない国』から、
『戦争をできる国』にかわる。

つまり、
同盟国や諸外国(主にアメリカですが)から要請があった場合
軍隊を派遣して、戦争に直接的に参加できるようになる。

ふーん。

なんだか難しそうで、よくわからない。

実は、私も、いまだに、よくわかっていない。
(そんな人は、コチラをチェック:http://peace9.org/archives/2007/05/99.html

たぶん、多くの人は(私も含め)自分には関係ないし、ピンとこないかもしれない。
それに、憲法9条は大事だ!って思ったとしても、
自分が、そういう護憲派の運動に参加するかといったら
正直、ない。ない。
正しいことを言っていたとしても、
やり方と見せ方に共感できないし、オシャレじゃないから。

憲法9条を語るのに、
オシャレである必要はないのだろうけど、
でも、それじゃあ
一番関心ももってもらいたい若い世代には、
伝わりっこない。

だったら、9条ということにとらわれず、
もっと大きな概念で、平和な社会がもたらすものは、どういうことか
って、自分の身近なこととして感じられる
きっかけさえあればいいんだと思う。

例えば、

平和な社会があるからこそ、
好きな人とデートしたり
おいしいご飯が食べられたり
安心して夜眠れたり
サーフィンに行けたりする。

そんなあたり前の生活、ハッピーな暮らしが、
実は、日本の場合(かなり大げさに言うと)憲法9条によって守られてきた
ってことにもっとたくさんの人にしってもらうために、
平和のムーブメント、peace9.orgがはじまった。

peace9.orgとは
以下、peace9.orgオフィシャルウェブサイトhttp://peace9.orgより引用

peace9.orgは憲法9条の精神を「かっこいい!」と感じ、一人でも多くの人がハッピーに暮らせる平和な世界を願い、行動する個人やNPOのオープンで自由なネットワークであり、ムーブメントです。

peace9.org をはじめました

「日本に、世界に、平和をちょっと増やすこと」を目的に、平和を大切に思い、行動する若者・市民・アーティスト・クリエイターなどが、みずから9条のもつ本質的な素晴らしさを、平和の素晴らしさを、もう一度とらえ直し、音楽、デザイン、アートなどの自分の言語で表現をし、共有していくムーブメント、peace9.orgが、ここから、日本から、はじまります。


なぜ、peace9.org?

戦争とは、あなたが一番愛する人を失うということです。第二次大戦後、戦争というきわめて理不尽な理由で愛する人を失わずにすむ、平和で自由な社会を築いてきた日本。それは、日本が世界に誇る平和憲法、9条をもっていたからです。私たちは、この、「非暴力こそが世界をハッピーに変えていく」という9条の考え方は最高にCoolでかっこいい、と考えます。


                   **************


繰り返しになるが、私自身、9条については、お恥ずかしいくらい、ほとんど知識はない。
それに、いまさら、70年代の"LOVE&PEACE" が最高!とも思わない。

平和の定義や9条のとらえ方はさまざまだ。
いろんな意見を聞けば聞くほど、無知が故に、
自分の主張と立ち位置もよくわからなくなるほど、相当根深い問題なんだと
改めて感じる。

でも、難しくてよくわからないと言われる社会問題や環境問題を
ポップに、エッジの効いたエンターテイメントとしてかっこよく演出する
ことを生業としているgreenz.jpにとって、これは大きなチャレンジでもあり
どう魅せていくかが問われる、とってもエキサイティングなお仕事だ。


で、イベントの話に戻ると・・

元は、グリーンピース・ジャパンの旗振りではじまったこの企画の制作をgreenzで請け負ってます。


「9条がもつ固定概念(=こぶしを振り上げて「戦争反対!!」的
声高、運動系イメージ)を打ち壊し、若い世代の人に響くカタチにしたいから、
好きなようにやっていいです」と、
グリーンピース・ジャパン事務局長、星川淳さんも言ってくれて、
やるからには、オシャレで、面白くて、かっこよくなくっちゃ、
ってことで、ディレクターのMOOKYさんと企画を練るうちに、どんどんスゴイことになってしまった。

コンセプトは、あり得ない9条、ということで、
おおよそケンポウ9条とは結びつかない
あり得ない音楽と
あり得ないビジュアルを通して
あり得ない場所で
あり得ないカタチで
9条がもつ平和のメッセージを感覚的に伝えていきます。


自分が
平和だと感じる瞬間
平和に想うこと
には、いろんなカタチがあるはずだ。あっていいと思ってる。

そして、自分が平和でハッピーだと感じれらる瞬間を大事に、
そのハピネスをまわりの人とも共有して、
そうやって
社会が、
日本が
世界が
ちょっと平和に、ちょっとハッピーに
なればいい。

その世界観を共有したくて、
今回は、こんな企画に仕立てました。


ガンジーも言ってる。
Be the change you wish to see in the world



オノ・ヨーコも言ってる。
あなた自身が平和でいることで、それは既に世界平和の一部なのです。


このイベントの趣旨に賛同して出演してくれる国内外のプロアーティストも
みなピースで、ステキな人たちばかりです。
出演者のプロフィールはこちら→http://peace9.org/archives/2007/06/0624_3.html

自分にとっての平和を見つけに、
PARTY FOR PEACE9 遊びにきてください。


★PARTY FOR PEACE9 開催概要
*以下、peace9.orgより抜粋
http://peace9.org/archives/2007/05/624clubbing_for_peace9.html


好きな人とデートしたり、好きな音楽聞いたり、クラブで遊んだり……ハッピーな生活のためには、「平和」が超大切! それって、じつはピースな憲法「9条」のおかげかも?
みんなで楽しく踊るピースなパーティー、はじまるよ!

パーティースタイルのこの企画、チケット代わりのリストバンドをつけていれば、渋谷の6つのクラブ(詳細は下記参照)への移動、入場がFREE!まずは、SECOでトークやライブを満喫したあと、好みの音楽にあわせてクラブを回遊して夜遊びも楽しもう!

PARTY FOR PEACE9@SHIBUYA

プロモーションビデオもチェック↓




【開催概要】

■日時: 2007年6月24日(日)Door Open 17:00 Start 18:00-24:00
■場所: 渋谷SECO(渋谷区渋谷1-11-1 B1F)
■プログラム(SECO会場):
  LIVE 1 THREAD
  LIVE 2 Anchorsong   
  TALK  星川淳(グリーンピースジャパン事務局長)×THREAD 9条対談
  LIVE 3  静寂(しじま)
  LIVE 4  卍 LINE(a.k.a.窪塚洋介)
  LIVE 5  ILLUMINATED EXPERIENCEスペシャルライブ
  DJ:    MOOKY, エイシン, HIGO
  VJ:    SHINYA (AURA)
  MC:   宇佐美総子(天使の館Salon de KAMAKURA)

*プログラムは、予告なしに変更になる可能性がございます。

■主催: peace9.org実行委員会

【チケット情報】
前売り¥2,000 (限定200枚)20歳未満のみソフトドリンク1杯つき。
前売り券取り扱い: LAWSON TICKET 0570-084-003 (Lコード:36975)
当日¥2,500
*前売り完売の場合、当日入場規制させて頂く場合がございます。


【入場無料となるクラブ】
BALL, LOOP, MODULE, ORGAN BAR, ROCKWEST, UNDER BAR

詳細は、コチラ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
集まってくれた子たちがそのあとも集まれるような、「はじまり」になるといいね。
成功しますように!

2007/06/21 12:52
初めまして,mixiから来ました。
これはすごいぞ♪と広美さんのブログやら、
あちこち探索するうちに、ワケの分からない事になっていました(爆)♪
http://greenz.jp/index.asp?REPORT_NUM=415
は、すごかった…
わたくしが言葉に出して言って来なかった,だけどそう考えていた事の数々が、
こうして字面になって現れて来て、ガツンとトンカチででも叩かれたと言った印象ですw
とにかく、今のお仕事の大変さを楽しさに変えるパワフルさに乾杯〜★
素晴らしいです,これからも盛り上がるよう、
影ながら応援し、出来る事があれば参加したいと思います♡
今日はもう時間がないですが…実は、
現在プー太郎しるので、このイベントには参加出来ないのですが、
出費の掛からないイベント参加等、ご協力出来たら幸いです…☆
では、では〜!!!
ふぃおり〜な
2007/06/22 08:03
護憲派の方はいつも不思議なことを言いまね。

また、他国で人を殺すとか物騒なことをよく耳にしますが、殺傷するために改憲するのではありません。最大の抑止のためです。

もし仮に、「日本軍」が他国か日本国内で敵兵を殺傷せざるを得ない事態になるのだとしたら、それはそうせざるを得ない原因を相手国が作ったからなのではないでしょうか。すなわち、北朝鮮軍や人民解放軍が日本国に攻撃してきた場合。

これは徹底的に反撃しなければならない。そして二度と攻撃してこないように叩かなければならない。

日本国民を守るために。

まさかそんな状況で、敵兵の家族を思って自国民が殺されていくのを堪えろというのか。そんなことは非現実的ですね。

つまり、相手に原因があるなら、日本国民を守るため戦わなければなりません。そのためには、現憲法下では不可能に近い。そのための改憲であって、国外に軍隊を送り込んで戦争を仕掛けるための法整備などではありません。


でも、本当は改憲してもしなくても、日本はこのままでは中国とアメリカに食われていきます。ことは、もっと深いところに問題があるようですね・・・
上海☆太郎
2007/06/22 15:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケンポウ9条とクラブイベント 海の上、空の下で想うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる