海の上、空の下で想うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 買い物でできる海の環境保護 ー 海のエコラベルー

<<   作成日時 : 2006/11/27 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は玄米菜食派といいながら、お魚はたまーに食べちゃってます。
そんなお魚たちにも、実はエコラベルがあること知ってました?

その名は、「MSC」。
「Marine Stewardship Council(海洋管理協議会)」の略で
持続可能な漁業を行うための原則や、認証の審査手順の作成に
取り組んでいる非営利団体のことです。

画像


このMSCが認定した認証機関が、漁業や流通・加工の審査をし、
MSCの基準をクリアしていれば、MSCラベルを貼ることができるんです。

漁業が認証されるには、海の環境を保全しながら、天然の海産物の
持続的な利用を実現する(乱獲防止など)だけでなく、資源の持続的な
利用を目指した管理に取り組み、そしてさまざまな漁業規則を守ることが
求められているんだとか。

それから、同時に、流通・加工業者が専門の認証(CoC認証)を受けていないと、
「MSCラベル」は貼ることができないそう。
CoC認証は、ほかの生産方法や、生産場所が分からない水産物
と混同されないような管理が徹底されてはじめて受けることができる、
という実は、ものスゴーイ制度なんです。

が、実態は、野菜のエコラベルともいわれる有機JAS法なんかに比べて、
まだまだ全然知られていないです。
偉そうに語ってますが、実は私も半年前に知ったばっかり。
でも、MSCラベルのお魚を買うことが、海の環境保護にもつながる、
だなんて素敵だと思いません?

で、今日は、このMSCラベルを日本初!!取得し、エコなお魚
「アラスカ産の天然キングサーモン」や「銀ダラ」の
販売元、築地市場内にある亀和商店に営業に行ってきました。

Sustainably Fished
You'll Love The Taste
The Sea Will Love The Help

こんな素敵なエコ食品みたら、思わず買っちゃいます。

画像


画像


このキングサーモン、写真ではわからないと思いますが
何がすごいかって、まず漁師のブルース・ゴアさんが全て一本釣りしかしないということ
これは網で獲るとどうしても互いの魚体がこすれあってウロコが
剥がれたり身に傷がついたりして、結果的に品質の劣化が避けられないから

でも、このサーモンはそれがない。
釣り上げてすぐ、腹を割いて内蔵を取り出し、さらに動脈から海水を入れて、
毛細血管に至るまで血液を排出し、マッサージまでし
釣り上げてからともかく二時間以内には船内の冷凍庫でマイナス40℃以下にて
急速冷凍を施す、という徹底した工程。
そうすると、刺身でも食せるような絶品のキングサーモンがいつでも楽しめるらしい

肝心のお味はというと(残念ながら食せなかったが)
「天然のキングサーモンは、確かにその味わいは絶品なのだが、養殖のそれに比べると脂が少なく感じられる」とは和田社長の談。
「でも、大自然の荒波を泳いでたくましく成長した魚はそりゃあ筋肉がちゃんと
しまって、うまいですよ。だって、養殖ものは、泳がなくなって生きていけるんですから」
な〜るほど〜。

社長さんからお土産に、世界初!MSC認証のおかきも頂きました!
これは早速食べました。ほんのりお魚の風味があって、しかもエコなお菓子
とってもおいしかったです。

画像


将来、もっといろいろな場所で、そして、近所のスーパーでもMSCラベル
のついた海産物が売られて、ものを買うという消費行為だけでも
海が守れるということが当たり前になってきたらいいですね。
ゴアさんのサーモン、食べたくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
買い物でできる海の環境保護 ー 海のエコラベルー 海の上、空の下で想うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる