海の上、空の下で想うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS サーフィンは国境を超える:3年ぶりの再会

<<   作成日時 : 2006/09/11 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日はいつもの波乗りとちょっと違っていた。
真っ青な空に、夏はまだ終わってなかった!!
と心躍っただけじゃない。
今日は、ある人と3年ぶりに再会する予定となっていた。

いつもの波乗り道路を運転し、向かった先は、東浪見にあるペンショントド
朝7時。辺りはまだ静か。
サーフショップが立ち並ぶ国道30号から一本入っただけなのに、
気持ちのいい田園地帯がひろがっている。湘南じゃ、こうはいかない。
画像
画像


さて、お目当ての人はというと、アメリカに留学していた時、出会った海仲間で
イケメン且つとってもピースな青年、マイク。
幼少の頃日本に4年ぐらい住んでいたこともあり、海と自然をこよなく愛する、
プエルトリコ(カリブ海に浮かぶ小さな島)とアメリカのハーフ。
出会ってから早6年、遠くにいても、いつも気にかけてくれる大切な
ソウルメイト&サーファーメイト。
今回は2度目の来日で、上海在住スペイン人のダニエルと前夜から泊まっていた。

ドラマティックな再会を期待していて
迎えにいったら両手を広げて出迎えてくれるんじゃないかと思いきや、
ぐっすり寝ていた・・。なぜか私が起こしにいくことに・・。

3年ぶりに会うマイクはちっとも変わってなかった。
またこうして会えることが嬉しかった。
ダニエルは初対面だったけど、スペイン人に典型的なマイルドなラテンのノリと
フレンドリーさですぐに打ち解けた。
彼は、現在上海の政府系機関で自国のために働いているという。
週末だけのサーフトリップで、明日の夜には上海に帰ってしまう。
画像


早速サーフショップでロングボードを2枚レンタルして、一宮をチェック。
波は腰。胸ぐらい、まあまあといった感じ。でも、天気は最高!
3人そろって海パンで入水することにした。

入ってみると、思ったより悪くない波がブレイクする。
気の合う仲間と一緒にする波乗りは最高の時間。
離れていた月日はまったく感じられない。
昨日、『また明日海でね』と言って別れたような感覚で、こうして再会している。
しかも、一緒に千葉の海でサーフィンしているからスゴイ。
和気藹々に3人で一斉テイクオフ。波も小さいから、前乗りも気にならない。
3人で乗りまくる。

眩しい太陽と、抜けるような空の下、
同じ波を求めて
同じ波にのって
この心地よい空間をともに
分かち合える仲間がすぐ横にいることは
とても嬉しいし、かけがいのない時間だ。
画像


オンショアになってきたとこで、上がった。
そして、ウィンドの頃から付き合いでもう10年知ってる海仲間、コージと、
そのお友達、フレンチズと合流。
フレンチズは、東京で働くビジネスマンの二人。
先週、コージが海で拾って、友達になったという人たち。
波乗りは、『うーーん、たまにやるかな・・・』という、二人。
だから、今日の目的は日光浴、海水浴。
画像


お昼は、ダニエルの希望で、日本食&刺身をみんなで食べた。
大勢で食べるご飯はこれまたおいしい。
午後は、サーフショップやおしゃれな雑貨屋さんを見つけてのんびり。
画像

こんな緩やかな時間の過ごし方もたまにはいい。
波がよくなることを期待したけど、海面ぐちゃぐちゃで、この日はサーフ終了。

せっかくの記念にと、
ダニエルは明日帰国する前に、千葉の田舎とは全く違う顔を見せる大都会東京を見物しに、都会にでてくるそうだ。
私は明日は仕事だけど、『お昼一緒にたべれたらいいね』、とさよならの挨拶を交わし、
日が沈む前に帰路についた。

海が好きというだけで、世界は広がるし、
国籍・年齢関係なく、友達が増えていく。
海の上にいて、いい波がくれば、
誰もが笑顔になり、
知らない人同士でも自然と会話がはじまる。

世界中どこにいっても、言葉が通じなくても、
本当に波乗りを愛する人とは一発で友達になれる自信がある。

サーフィンに出会わなければ
知らなかったことがたくさんある
出会えなかった人がたくさんいる
サーフィンに出会えたよかった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本当の幸せをつかんだ人が続出!?
初めまして、ブログ楽しく拝見させていただきました!^^ ...続きを見る
ソウルメイトプロデュース術
2007/04/30 17:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーフィンは国境を超える:3年ぶりの再会 海の上、空の下で想うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる